空手クラス

空手とは?
沖縄の唐手を源流とする武道。本州に渡り、空手と呼ばれるようになる、主に伝統派空手、フルコンタクト空手、グローブ空手、新しく生まれた不倒翁流空手など様々なルールと流派がある。 不倒翁流空手についてはこちらをクリック

 

空手クラス

増田道場では専門的な空手を子供から大人まで学ぶことも出来ます。ひたすら自分の能力を鍛え、技に磨きを
かけるもよし、友人と一緒に通い、親睦の場とするもよし、様々な目的をもってこられている方がいます。
少年少女、一般の大人や学生にとってさまざまな武道を自由に楽しめる、そんな環境づくりを目指しています。

karate_30

空手の特徴

増田道場の空手
組技にも対抗できる実践的な打撃技術を会得できるよう創意工夫された空手道のクラスです。伝統派空手のようにポイント制の
ルールを採用していますが、安全性の高い防具を着用したうえで実際に当てる組手を行います。
キッズ空手
空手の修練を通じ元気でハツラツとした子供に育てます。大きな掛け声とともに突き蹴る子供たちを姿は頼もしくもあります。
技術的には成長期の子供たちに、殴り合いの強さは求めません、攻撃をしっかりと当てる感覚(当て勘)と、攻撃を避ける技術
を身に付けることを重要視した練習を行います。
空手クラスの指導者
増田道場の空手クラスは、伝統派空手出身の総合格闘家である山下泰生(ひろき)が担当します。山下先生は、総合格闘技の
メジャー団体であるDEEPやパンクラスで活躍しています。
空手クラスの詳細
理念、歴史、空手の形、試合のルール、昇級制度、など詳しくは不倒翁流空手総本部のホームページをご参照ください。
不倒翁流空手についてはこちらをクリック